• ホーム
  • 若者に人気なデザイナーズマンションのメリットやデメリットを紹介

若者に人気なデザイナーズマンションのメリットやデメリットを紹介

2019年08月14日
不動産のオフィス

デザイナーズマンションは、その名前の通りデザイン性を主として提供しているところが多く、高級感やオリジナリティーがあるメリットがあります。特に、オリジナリティーな部分でこだわりがある人には住みやすい環境であるため、おしゃれな雰囲気で生活をしたい人にはうってつけです。実際に、デザイナーズマンションは著名な建築家が関わっていることも珍しくなく、他の物件には存在しないようなおしゃれ感があります。若者に人気があるのも、個性的で現代的であるという側面があるからです。

また、建築構造にもポイントが存在します。これは、デザイナーズマンションが著名な建築家が関わっていることと無関係ではありません。こういった個性的でこだわりのあるマンションには、多くの人が物件の見学にやってくることになりますので、建築構造が躯体部分からしっかりしている可能性が高くなります。つまり、遮音性が高いというメリットがあります。遮音性が高いと、周辺からの物音や話し声をシャットアウトしてくれるためとても重要です。

ただ、この遮音性の部分はデザイナーズマンションでデメリットにも通じる部分もあります。これは、楽しい個性的な建築を目指すあまりに逆に遮音性を重視していないマンションも存在するからです。一般的に、遮音性に優れているデザイナーズマンションは鉄筋コンクリートで建築されていることがほとんどです。壁の中にコンクリートが存在すると、音を遮断する効果が生まれるからです。

反対に、デザイン性を追求しすぎてしまうとふき抜け部分が多くなったりして風通りが良くなり、マンションに音が反響する可能性もあります。実際に、こういった建築構造でトラブルになっている物件はいくつか存在します。ですから、オリジナリティーがあるマンションではメリットとデメリットが裏表になっていることがあるということを知っておく必要があります。

一方で、明確なデメリットとして挙げられるポイントもあります。それは、プライバシーが守られない可能性があることです。若者に人気のあるデザイナーズマンションは、外部からみてもファッション性に優れたものになっていることが多く、壁一面がガラス張りになっていることもあります。

一見すると住みやすい環境にみえますが、こういった楽しい環境の反面で周囲からの目線を避けることができないという一面も否定できません。そのため、外部からどういったふうにみえるのかということを事前に必ず確認しておく必要があります。

関連記事
ファミリー層に人気な一軒家の賃貸物件とは?

ファミリーが賃貸物件を探す場合には、どういった目的で物件が欲しいのかを考えなくてはいけません。そうしないと、メリットとデメリットの兼ね合いで頭を悩ませることになります。例えば、マンションなどのベランダや共有スペースでバーベキューを行いたいと考えているファミリーは少なくありません。しかし、こういった特

2019年07月25日
シェアハウスとルームシェアは違う賃貸物件なので注意!

シェアハウスとルームシェアは、賃貸物件としてのサービス内容が全く違います。まず、シェアハウスとは住宅を共有することです。住宅の規模によってどの程度の人数がそこで暮らしていくのかが異なっているという違いが存在します。また、シェアハウスは第三者である運営事業者が専用の住宅として運用していますので、トイレ

2019年07月08日
タワーマンションの賃貸物件を探すコツとは?チェックすべきこととは?

タワーマンションの効率的な探し方のポイントは、費用とメリットを比較してメリットが勝っているかどうかを確認することです。そして、メリットがわかった後は必ず内見をすることです。特に、賃貸物件としてのタワーマンションは賃借人に対する制約も多いこともあって、それらの比較は不可欠になります。例えば、共用スペー

2019年06月22日
賃貸物件探しは情報サイトで徹底比較検証せよ!

良い賃貸物件を探す方法としては、サイト掲載情報を参考にすることが挙げられます。周辺地域の店舗に行って情報を確認することも確かに大切ですが、そういった探し方では一部地域の情報しか知ることができません。自分の状況に合わせた物件を探すことができないと、満足な契約ができなくなります。実際に、情報サイトではラ

2019年06月12日